【閑話】お店を辞める手順

お店を辞める時はどういう手順を踏むのが最適なのでしょう。

私が過去取って来た手順は『お店に退店の意思を報告』これだけです。

お客様には何も伝えては来ませんでした。

だって「お客様」はあくまでも『お店のお客様』だから。

たとえ本指名で通ってくださっていたお客様であろうと、あくまでも『お店をご利用されている』お客様です

決して『自分のお客様』ではないと考えています。

 

もし退店を伝えてそのお客様が自分を追って移籍先のお店に来てしまったら、元々いたお店に損害を与えることになります。

 

そして、現状を変えたいとお店を移籍したのにお客様が同じというのは、
料金の入り口が変わるだけで自分の環境はあまり変わっていない、ということにもなります。

それでは移籍した意味がありません。

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

 

さて、出稼ぎの場合はどうでしょう?

出稼ぎに来られる女の子の多くは「掛け持ち」をされています。
『地元に在籍店を持ち、気分転換に遠くに出稼ぎに出る』というパターンです。

この場合もお店に退店の意思を伝えます。
お客様には伝えません。

「出稼ぎだから追ってくることなんてないんじゃない?」と思われるかもしれませんが

伝えない理由は『最後なんだから・・・』とルール違反を仕掛けてくるお客様が過去に居たからなんです。

 

ソープなら避妊具を外す、ヘルスなら本番強要・・・。

 

このような行為に及ぼうとしたのは一人や二人ではありません。

 

この経験を踏まえて、いらぬトラブルを防ぐ意味でもお客様には一切お伝えすることは致しませんでした。

ただし、お店の方針として『〇〇さん卒業します!』という打ち出し方をする場合は別ですが。。。

 

お店を卒業するその瞬間までお店は、女の子がルール違反の強要にさらされる危険があることを意識しなければなりません。

 

どんなにそれまで人当たりのいいお客様でも、思い入れの強さが曲がってしまうととんでもない行動に移すことがある。

 

これはお店もキャストさんも頭の片隅に置いておいた方がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です